​ABOUT

日常の見慣れた事象を捉え直し、ものの見方を変えるあらたな方法を探求しています。
既にあるものを別のものとして捉え直す「見立て」、独自の視点でものを収集することで自らの思考の源泉を探求する「標本」、
日常を新鮮な感覚で捉え直す会を企画する「遠足」をキーワードに、
ゼミ生が自らの経験や記憶の中からデザインや表現の糸口を見出し、

社会の中にある物事の枠組みや領域にとらわれない自由な活動の場を目指しています。

LINK